交通事故は自身だけの自損事故と他人を巻き込む事故が存在します。己だけの事故の状況では、事故の処理が済めば終わりとなりますが自分以外を巻き込んだ車の事故はお互いにどれくらい不注意があったのかを確かめて、その状況によって愛車の修理費や示談金などが決まりますので、車の保険会社の担当の人を交えての相談が不可欠です。大概の自動車の事故状況で、自分だけでなく相手にも多少なりとも落ち度がある状態が大部分で一方だけの手落ちであるという状態は多くないようです。赤信号無視や一旦停止無視のような違反があって起こった事故ならかなり重大な間違いになりますが被害者側にも落ち度があったと指摘されます。事故の状況ではどのドライバーの責任が原因で発生したのかという決着がかなり焦点になりますので、これを数字で示したのが「過失割合」(過失割合)になります。例えば、先ほど述べた赤信号で止まらなかったり、一時停止無視ケースでは、法のルール上相手にすべての責任があると考えられますがこの場面で事故の原因になった自動車が正面から近づいてきて自分の目で確認された場合だと自動車事故の被害者でも注意が足りないとされ1割ほどの責任があると認められる状況もあります。言うならばその状況では加害者が9割、自分が1割過失割合と判断され数字が大きいとそれなりの落ち度が問われるのです。また自動車事故の過失の割合自動車事故の判例を元に結論付けられることが往々にしてあり、日弁連交通事故相談センターから示されている基準となる表が基準として利用されています。このような過失割合の、割り当てが高ければ責任、結果として賠償額も大きくなると考えられるので事故に関する交渉は事故に関わった人だけでなく自動車保険の係りの人を加えてちゃんと話し合うことが大事です。