自動車重量税、通称重量税とは国産メーカーの自動車あるいは外車という車の生産国やミニバン、ハイルーフ車というような自動車の形状も全て同じで、例えば、ホンダやフォルクスワーゲン、などにも通常負担義務を課せられている税のことをいいます。新車登録の際、または定期車検の場合に支払う必要があるものになります。その額はその愛車のウエートで決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると異なる概念です。きちんと理解をして勘違いしないようにしてください。「自動車重量税という税金は車の車重で」「自動車税とは自動車のリッター数で」その額が変わります。そして、買取する際の対応も異なりますし注意しましょう。車を買い取ってもらう時には既に支払った車の額がどれだけ残っていてもその税額が返ってくることはないです。一方で、自動車税の場合は支払い済みの税額を売却額に足してくれるといったケースがあるものの重量税に関しては上乗せになるということはあまりないといえます。重量税というのは、いくら支払った税額が残存しているからと言って中古車の買取業者にてそれが材料になるケースはまずないものなのです。そのため次回の支払い要は車検まで待機してから買取っていただくという方法がベストと思います。引き取り時は考慮してもらえない重量税ですがある事例でしたら還ってくることもあります。というのは車検期間が残存している自動車を廃車として処理するケースです。廃車登録をすると、残っている車検期間に従って重量税が還付されます。ですが、中古車の引き取りの場合はその中古車が廃車になるのとは違って返ってきません。それに、所有車の名義の変更をした際や、盗難にあった際も返還してもらうことは不可能です。重量税の残っている期間があるクルマを売却するイコール、要するに車検の効力がまだあるクルマです。そのことを買取店も計算に入れますから自動車重量税が残っていればそこそこ買取額が増えることでしょう。勿論、買取額は業者により違ってきますが、車検が残っていることを考慮していただければ所有車の査定額と比較するとあまり払い損ということもありません。