自動車重量税、別称重量税という税金は、国内メーカーの自動車やアメ車というような愛車の生産国やプラグインハイブリッド車、クーペというような自動車のタイプも全て同じで、例えば、スバルやアウディ、等でも変わりなく負担が必要な税金です。75-4-75

新車登録をするさい、もしくは定期車検の場合に支払う必要がある税になります。75-7-75

この納付税額は対象となる愛車の大きさ毎に定められています。75-9-75

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく違う税金です。75-14-75

基礎となる税金を理解して一緒にしないようにしましょう。75-8-75

「自動車重量税とは自動車の大きさで」「自動車税とは排気量毎に」金額が変わってきます。75-10-75

また、売却する時の扱われ方変わってきますし注意しましょう。75-19-75

クルマを買い取ってもらう時には支払い済みの金額がどれだけ残っていたとしてもその額が返還されることはないですが、一方、自動車税の場合は既に納めた残存税額を買取金額に上乗せしてくれるようなケースがあるものの、重量税については上乗せしてくれるといったケースはほとんどないのが現状です。75-6-75

重量税は車を売るときに既に納付した税額があるからと言って車買取専門店の方でそのことが考慮されることは少ないのです。75-13-75

そのためその次の支払いつまるところ次の車検まで売却を保留し査定に出すということが無駄がないと思います。75-12-75

中古車の買取時は考慮されない重量税でも、一定の条件のケースだと返還されることもあります。

それは、次の車検までの期間が残存しているクルマを廃車として処理する場合です。

要は、廃車申請をすれば、残っている期間に応じた重量税が還付されます。

ですが、車買取の場合はその中古車が廃車されるのとは異なり戻ってきません。

さらに、手放す自動車の名義変更をしてしまったケースや盗難されたケースなども還付を受けることは不可能です。

自動車重量税が残っている自動車を手放すことは車検が残っているクルマです。

その辺りを買取側も忖度しますから自動車重量税が残っていれば買取額が上乗せされるでしょう。

当たり前ですが売却額は店舗により違ってきますが車検の効力が残っている事実を計算に入れてもらえば、自動車の売却額からみるとそんなに割に合わないということもありません。



  • 75-5-75
  • 75-18-75
  • 75-20-75
  • 75-15-75
  • 75-16-75
  • 75-11-75 75-17-75