契約店でいずれもの所有カードが使用可能なわけでもない◆クレカ会社の加盟店はおおむねときには5を超えるクレカブランドとライセンスを結んでいるんですが、不便なことに全部のお店であらゆる運営会社のクレジットカードが使えるわけではありません。2度と人にお金は貸さない

一例をあげると以前からある加盟店の場合にはJCBの付いたクレカしか決済できない場合もありますし近頃のショップなんかではVISAやマスターカードブランドの入ったクレジットカードのみしか切れない場面もあります。コディナ アロエジェル

銀聯カードなどのクレカ会社ならば増して使えない場所が多いでしょう。オメガ腕時計

どの所有クレジットカードが切れるかをどこで判断するといいか?「だったらいかなる方法でどのクレジットカードが使えるかを判断すると良いか?」といってみても、正確に知るためには該当店の従業員に見せてみるのみ、というのが実はその回答です。コンブチャクレンズ

ただしほとんどの店やショッピングセンターには店舗の分かりやすいところなどに切れるクレカ会社のサインがプリントされた加盟シールが掲載されているため「なるほどそのショップはMasterCardが使用可能なんですね」ということが迷わないようになってるため心配しないようにしてください。メールレディ ランキング

とはいっても、ちゃんと案内が出来ていないお店で用いる際には、ロゴステッカーが貼られているのに「ここではお持ちのカードはご使用いただけません」なんて返答を受けてしまう場合もあるわけであたふたしてしまう状況に出くわしかねません。サクナサク

欲を言えばできる限り十分な数の加盟店でクレジットカードが有効であるようにするために異なる種類の印(国際印)がはいった一般的なVISAカード、ダイナーズアメックス、ライフカード、といったクレジットカードをいくつか契約するようにするようお勧めします。マイクレ

(例として:セゾンカードを持っているなら銀聯カード契約のクレカを契約するなど等)。

とりわけ海外に出ないならVISAカード、マスターカード、JCBの3つのマークが書いてあるクレカをその都度財布に入れておけば、間違いなく99%以上の契約店で3枚のうちどれかのクレジットカードを渡すようスタンバイOKということになります。

クレカを使って効率的にポイント取得を目標とするのであれば、早いうちに別々のクレジットカードを使えるようにしておいてほしいとおもいます。