車の《全損》とは名称が示すとおり愛車のすべてが壊れてしまう状態で結果的に走ることが出来ないという状況の自動車としての役割を満たせなくなった際に使用されますが、乗用車の保険で定義されている全損は多からず同義ではない意味があったりします。

乗用車の保険では車が損傷を受けた時には「全損と分損」の2つの状態振り分けられ〈分損〉は修復費が保険金内でおさまる状態を言い、その場合とは反対に【全損】とは修復の費用が補償金より高いことを表現します。

通常、車の修理で全損という場合エンジンに決定的なダメージが存在したり自動車のフレームがねじれてしまって直すのが難しい時、リサイクルか処分と結論付けられるのが普通です。

しかしながら、交通事故で販売会社や自動車保険会社がこのような修復費を予測した状況で、いくら見かけがきちんとしていて直すことが可能な状態でも修復の費用が補償よりも大きくてはなんで乗用車の保険入っているのか分からないです。

このようなときには《全損》として愛車の権利を自動車の保険屋さんに譲って保険額を受けとることになっています。

もちろん長い年月運転した自分の車で愛着があり自費で直してでも乗り続けたいという人は多数いますので状況において保険屋さんと話すといいでしょう。

そして、 自動車任意保険によってはそういった事態が想定され車両全損時諸費用補償特約など全損の時に特約ついている場面が多く、不幸にも自家用車が『全損』なったケースでも新しく車を買う等費用を一定分負担してくれるサービスも存在したりします。

盗難にあった時の保険額の特約をつけているならば盗まれてしまった乗用車が見つけることができない状態でも『全損』の扱いで、保険が適用されることになっています。